スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米社会の根底にあるもの、それはカースト制 その10

さて、ここで目をヨーロッパに向けてみましょう。

レーニンやスターリンに並ぶ独裁者として、ドイツのヒトラーが挙げられます。

ファシズムとコミュニズムは全く異なるものと捉えている人が多いのですが、共に同じ全体主義です。

両者ともある思想に基づいた政党が独裁権を握り、国民の生活の隅々まで干渉し、その人々の精神まで支配を及ぼそうとしているのです。

ヒトラーはナチスを率いて総統になりました。これはボルシェビキを率いたレーニンに似ていませんか。

またナチスには突撃隊や親衛隊といった軍事部門がありました。これもイスラム革命隊に似ていますね

更にナチスは収容所を作り、ヒトラーは政敵を滅ぼしてきましたが、これもスターリンがラーゲリを作り、粛清を推し進めたのと似ています。

そしてある種の人々を敵視してジェノサイドを実行します。ナチスはユダヤ人やロマを、スターリンはブルジョアを次々と殺していきました。

これらは全てカースト制で説明がつきます。先ずは一定の思想集団がバラモンとして支配的立場に立ちます。

ヒトラーは第一次世界大戦のときは一介の伍長でした。

ナチスが第一党になったときも、党首でしたが国会議員ではありませんでした。

ヒトラーの功績としては演説が上手いことと『我が闘争』を書いたことぐらいでしょうか。にもかかわらず首相になったのです。

この点は日本人がなかなか理解できないことです。

二二六事件の反乱将校は、北一輝の『日本改造法案大綱』に感化されていましたが、彼らは北一輝を総理大臣にしようとはゆめ思いませんでした。

政治はあくまで自分たち軍人が握るべきであり、北一輝のような思想家は表舞台に立つべきではない、というのが彼らにとって当たり前だったのです。

話しをナチスに戻すと、ヒトラー始めナチス高官がバラモンなら、ドイツ軍と親衛隊がクシャトリア、そしてドイツ市民がバイシャ、つまり庶民になります。

ナチスの思想によれば、ゲルマン民族だけが優秀民族であり、スラブ人は劣等民族であるため奴隷になるべきだというのです。

これがまさにシュードラなのです。

ここにおいてバラモン(ナチス高官)、クシャトリア(親衛隊、ドイツ軍)、バイシャ(ドイツ人始めゲルマン人)及びシュードラ(スラブ人等)のカースト制が完成したのです。

えっ、このナチス式カースト制の中でユダヤ人はどこに位置づけられるかですって。

それはロマの人々と共にアウトカーストにされているのです。そう、不可触賤民です。

だからどれだけ虐殺しても、彼らは何の心の痛みも湧かないのですね。

このことは原爆を落とされたことを思い起こせば、日本人にも理解できるのではないでしょうか。

アメリカも、インドヨーロッパ語族の一つである英語を喋っているから、当然カースト制国家です。

バラモンはワスプになるのでしょうね。アイビーリーグの大学院を出て、弁護士や経済学者、経営者としてこの国を牛耳っています。

そして全米ライフル協会が強い政治力を持っているように、市民は当然権利として武装しています。彼らがクシャトリアなのです。

更に普通の白人が一般の善良なる市民としてバイシャを形成しています。彼らはプアホワイトと呼ばれながらも、白人の優越を信じて疑っていません。

シュードラは黒人やヒスパニッックです。奴隷制は今も生きているのです。

そして日本人はアウトカーストなのです。ですから収容所に入れようが、原爆を落とそうが、彼らはへっちゃらなのです。

シーシェパードの人たちも、見るからに教養のなさそうな顔をしていますが、自分たちのことをクシャトリアに位置づけているのだと思います。

ですからアウトカーストたる日本人に武力で制裁を加えるのは、自らに与えられた神聖な責務とでも思っているのではないのでしょうか。

このようにイランもロシアもドイツもアメリカも、全てカースト制国家なのです。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
記事から探す
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。